« 寒いですね | トップページ | 東京に行ってきました »

2018年2月 3日 (土)

歯科と糖尿病

こんにちは。院長の深森です。

今年の冬は本当に寒い、歳のせいもあるのでしょうか身体にこたえますね。春が待ち遠しいです。


ところで最近、
糖尿病に罹患されている患者さんが多く来院していただいていると感じます。

糖尿病は大変怖い合併症を引き起こす病気ですね。

主な合併症は神経障害、網膜症、腎症などですが
最近は歯周病も糖尿病の合併症として認知されつつあります。

重症化しなければ、あまり自覚症状がないところも似ていると言えるかもしれませんね。

私は研究者ではないので、統計をとっているわけではありませんが
日々の臨床においても糖尿病の状況と口腔内の状況がリンクしていると強く実感しています。

また、
現在糖尿病でなくても、歯が失われることや口腔内の状況が悪化すると
咀嚼機能が低下したり、健康的な味覚が損なわれて
食生活に偏りが生じ始め
糖尿病をはじめとする生活習慣病に冒されるリスクが高まることが考えられます。

世間では
口の中は口の中の問題、身体は身体
と分けて考えられている方も多いかと思いますが、それは違うと断言できます。

だからこそ、僕たち歯科の人間ももっと身体のことを学んでいかないといけませんね。


こんな本を読んで勉強してます。患者さんからもいつも学ばせていただいてます。

持病をお持ちの方も安心して通える医院を目指してがんばります!ではまた

« 寒いですね | トップページ | 東京に行ってきました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1964967/72838647

この記事へのトラックバック一覧です: 歯科と糖尿病:

« 寒いですね | トップページ | 東京に行ってきました »

無料ブログはココログ